はぁ〜ぁ。。ってため息でちゃうけど、
ため息つくのも、申し訳なく思ってしまう。

毎日、毎日、TVをつけても、ネットを開いてもコロナのこと。
医療関係者の方々は、本当に大変と心は痛み・・・
そして、
ピンポンパポ〜ンと、流れる防災無線は
また迷い人?って聞き返すくらいだったのに、
ここのところ、1日3回、流れてくる防災無線は
コロナのこと・・・。

所沢も日ごとに緊迫モードが増してます。

しかし
迷い人はいなくなったのかな?あんなに毎日放送流れてのに。
(迷い人がでないのはいいこと)
(流さないだけなのかな?)

と、こんな感じで色々なことを想像してしまいがち。

なんかつかれた・・・

コロナの感染が気になるのはもちろんですが

最近はストレス過多を感じてきてる人が増えてるのが心配です。

ストレスが溜まってくると、便通が悪くなったり、吹き出物がでたり
お肌のツヤがなくなったり、目がくもりがち。

モヤモヤ、その日のうちに消したいものです。

その解消法のひとつに、ゆるヨガで教わったリラックス法をご紹介します♫

自分に手当てでリラックスタイム

うつぶせがポイント♫

お布団の上に、うつぶせに寝転びます
次にどちらかの手をパー✋に、パーの手の上にもう片方の手を
グー✊にしててお腹の下に入れる

1、おへその下に置いて、深呼吸
 大きく息を吸って、ゆっくり吐き出す ふぅ〜(出し切る)
2。右の骨盤の内側に手をずらす。
 大きく息を吸って、ゆっくり吐き出す ふぅ〜(出し切る)
3、左の骨盤の内側に手をずらす。
 大きく息を吸って、ゆっくり吐き出す ふぅ〜(出し切る)
4、最後にみぞおちに手をずらす。
 大きく息を吸って、ゆっくり吐き出す ふぅ〜(出し切る)

1つのポーズで、30秒くらい。

✊⇦グーの手はこちら側がお腹に当たるように。

タオルを丸めて置いてもOK

ストレスが溜まったり、緊張感が続くと、腸の動きが鈍くなったり
硬くなったりするそうです。

こうなると便秘になったり、逆に便がゆるくなったり。

エステやマッサージなどのケアでリラックスタイムを
持ちたいけれど、もう少しの辛抱の時。

自分の手で、自分のカラダとこころの手当ての時間を
作るのも、おうち時間を有効活用のひとつです。

カラダの力を抜く時間も、大事、大事!!

トイレタイムで、健康観察!

ストレスもためすぎない。腸の中もためすぎず、脂肪もためない。

afterコロナの楽しみ貯めていきましょ♫

だれかに聞いて欲しい。
そんな時は、電話、メールでのゆかっふぇも対応しております。(女性限定)