卒業式。

昨年、小学校の卒業式で保護者代表で謝辞を読ませていただきました。

 

謝辞を読まれる方は、そろそろ清書に取り掛かる頃ですね。

いえ、まだまだ・・という方もいらっしゃるかな?

 

参考までに昨年、私が読んだ謝辞。お礼の詞を綴ったブログです。

卒業式の謝辞、終わりました!!

ありがとうのことば。

お礼の詞、お世話になった先生方、学校職員の方へ向けての言葉ですが

謝辞を考え書き出していると、

子供達の登下校を見守ってくれた方、出張講座に出向いてくれた方、6年間という月日の中で

我が子に関わってくれた方はたくさんいると、改めて実感して

卒業生を送り出す在校生へも、そして、卒業する子供達へも・・

本当に多くの方へありがとうって伝えたくなりました。

 

当日の流れ

保護者席の最前列に代表席が用意されてました。

謝辞を述べるのは、式典の最後。

 

呼称されて、返事をして立ち上がり、一礼。

同時に保護者一同、職員一同起立の声がかかります。

 

来賓席の前で一礼してから前を通り、壇上に一礼をして体育館中央へと。

 

スタンドマイクが用意されて、マイクを挟んで校長先生がいらっしゃいました。

ここでまた一礼。

手に持った謝辞の上包みをあけて、

『お礼の詞・・・』を読みます。

校長先生の目を見ながら、謝辞をみながら、

 

一字一句、ゆっくりゆっくり読み上げました。

*ここポイントです!

 

読み終えてから、上包みにしまい校長先生へお渡しして一礼。

席に戻るときにも。来賓席の前で一礼。

席につくと、保護者、職員一同着席のアナウンスで着席。

娘の小学校ではこの流れでした。

 

涙がこみ上げるかな?と、思っていたのですが

謝辞の前に、卒業生の合唱

 

『仰げば尊し』

 

1番を伴奏なしに歌い出して、2番からピアノの伴奏が入っての合唱

4人目にして初めて聞いた合唱でした。

娘と小学生で仰げば尊し歌うんだね!!と、話してはいたけれど

伴奏なしに歌い上げる子供達に感動し、その姿を見つめながらハンカチで目をおさえ

見守る担任の先生。昨日まではこの子達の前に立ち、一緒に歌っていた先生は

職員の席から、子供達の姿を見つめてる。

 

そんな場面に涙を流したので謝辞のときは、目を潤ませるくらいでした。

子供の成長

卒業証書を受け取る姿を見ると、

生まれたあの日から、今日に至るまでいろいろな事が走馬灯のように駆け巡り

こんなに大きくなったんだな〜って、じんわりと泣けてきます。

 

卒業生をお持ちの親御さん、

どうぞ素敵な卒業式をお迎えください。

 

謝辞を読まれるお父さん、お母さん、

ドキドキも楽しみながら、がんばれ〜♫と、エールをおくります。

 

追記

今になってまたインフルエンザがちらほらと出ているようです。

お子様はもちろんですが、親御様も体調くずさぬようご自愛ください。

パーソナルゆかっふぇ、付き添いゆかっふぇ等、お気軽にお問い合わせください TEL 080-5510-3139 電話相談受付時間 18:00 - 20:00 (月〜金)