私が中学生だった頃のアイドル歌手。

 

同世代の堀ちえみさんの『舌ガン』を

 

ニュースで聞いた時には、驚くのと同時に泣けました。

 

まだ16年しかママと一緒にいないんだよ!と、泣いた娘さん

のことを報道で聞いた時に、あの日の自分を思い出しました。

 

それは

私が子供たちに伝えた日のこと。

 

えっ?お母さんガンなの?と、検査結果の紙を持ちながら

目を丸くして言った息子たちとの会話を思い出しました。

 

 

あの日、ガンなの?と聞きながらも

この時の喪主は、オレか??といいながら

喪服ないし・・買ったら高いし・・・と、冗談交じりに話しながらも

 

でも・・

 

死ぬわけにはいかんでしょ!!

 

まだ、中学校にも入ってない妹を残すわけにはいかないよ!!

 

ステージ0から浸潤の疑いなのに、それでもガンという言葉は

ここまで考えさせられる病気。

 

今回の報道で、いろいろな思いが駆け巡りながら、

ちえみさんが

ガンであることの報告、

診断されるまでの経緯をブログに綴られたのは

いろいろな思いがある中でも、

 

『同じ思いをして欲しくない。』

 

誰かの手助けになればと、綴っているのかもしれないと感じてます。

 

 

『ママ、もっともっと一緒にいようよ!』

 

その願いが、祈りが、届きますように。

 

 

さきほど11時間の大手術が無事終えたこと、

ちえみさんのブログにご主人が投稿されてました。

https://ameblo.jp/horichiemi-official/entry-12442094492.html

 

 

術後の経過が順調にいくこと、

1日でも早く自宅に帰り静かに療養できる日が来ることを祈ります。

 

パーソナルゆかっふぇ、付き添いゆかっふぇ等、お気軽にお問い合わせください TEL 080-5510-3139 電話相談受付時間 18:00 - 20:00 (月〜金)