所沢市のホームページに

風疹感染が、

拡がってるニュースが出ています。

http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kenko/oshirase/FushinChuiKanki_201808.html

厚生労働省では

39歳から56歳(予防接種を受けていないと言われてる世代)の男性を対象として

来年から3年間予防接種を無料とすることを公表しました。

また、職場での健康診断の中で

抗体検査を行う企業もあるそうです。

全国各市町村でも、男性に限らず女性の予防接種や抗体検査を無料で行ってるようですので

お住まいになってる地域の市役所や保健所に問い合わせてみてください。

 

風疹のことがこれだけ取り上げられるのも、

妊娠初期の飛沫感染による

『先天性妊娠症候群』のリスクを減らすための措置でもあると思います。

 

生まれてくる命を守るため、

たとえまだ結婚や妊娠を考えていなくても、せめて抗体検査を受けて欲しいと願ってます。

確かに、妊娠がわかった時には抗体検査は行われます。

でも、この時に抗体がないことを知るよりも

私は、妊娠前にリスクを回避できる方がいいと思うのです。

 

 

感染しても軽く済んでしまう人もいらっしゃるでしょう。

もしくは、感染したことも気づかずに生活できる人もいると思います。

しかし、感染を拡げないようにするためには

抗体があるのかないのか?

もしくは

風疹の予防接種を受けてるのか?いないのか?

ぜひ、調べて欲しいのです。

男性に限らず、妊娠を望んでる女性も、

家族や大切な人の

赤ちゃんの命を守るために。

そして、私は大丈夫!という安心のためにも。

 

母子手帳をお持ちなら、予防接種の記録に残っていますので確認してみてください。

参考までに、これが 母子手帳の記録です。

一人一人のちょっとの心がけで、

尊い命が無事に生まれてくることを祈ります。

パーソナルゆかっふぇ、付き添いゆかっふぇ等、お気軽にお問い合わせください TEL 080-5510-3139 電話相談受付時間 18:00 - 20:00 (月〜金)