冬はもうそこまで来てるかな?と感じる秋の風を肌に感じだすと

温もりを感じたくなるものです。

 

ふと、芍薬(高齢者)ゆかっふぇをご利用して頂いてるおばさんのことを思い出してました。

不思議と、こちらが思ってる時って相手も思い出してくれたりするのです。

 

そろそろ、お時間ある時にお食事しませんか?と連絡を入れてみると

私も声かけたかったのよ!!と、言うことでさっそく出かけてきました。

 

84歳、一人暮らしのおばさんが、よくおっしゃることが

たまには賑やかに食事がしたくなるの。

娘さんも一緒に連れて来てもらえたら嬉しいな。

というリクエストは、シングルマザーの私にはありがたいリクエストです。

 

2人の娘もご一緒させていただいての、食事会。

 

いま若い子達はなにが流行ってるの?

最近見た映画はなにかしら?

 

学校ではいまなにを勉強してるの?

 

と、ババよりも年上のおばさんの話しに戸惑うことなく

会話をする娘たち。

 

揚げたての天ぷらが食べれて幸せ〜と、喜ぶおばさんは

本当に楽しそうに食事をされてました。

 

孫がいたら、こんな風に食事に出かけられるのね。やりたかったことを叶えてくれて

ありがとう。と・・・

にっこりと肩に手をあてながら

おばさんに、また付き合ってね!!

寒いから風邪引かないようにしなさいよ!!

 

ババよりも年上のおばさんは、

親戚でもなく、ご近所のおばさんでもない女性です。

 

いまの時代に珍しいことだと思うのです。

 

でも、こういった人とのつながりで感じるものは

机上の勉強では学べないもの。

 

芍薬ゆかっふぇ、日常の生活とは違う時間を過ごして頂きたく始めたことですが

 

おばさんの嬉しいと喜んでいただけることは、私には何倍ものありがたさに感じる

ゆかっふぇになりました。

 

核家族化した日本。そして一人暮らしをされてる高齢者の方が多くなってる時代。

 

ご近所の方、知り合いの高齢者の方に、ちょっと気配りができるようになったら、

オレオレ詐欺被害も減るような気がしてね。

 

 

離れて暮らす親御さんに、

『紅葉が始まってるね』

『新米食べた?』

 

と、な〜んでもいい。茶の間に座ってお茶飲みながら話してるような感じで

 

電話してみるのも、親孝行なんだろうな。と感じながら帰ってきました。

 

 

そして、今回もオシャレな素敵なお洋服を着て、お化粧もマニキュアもされてたおばさん。

 

夜、外に出かけるってほとんどないから、いい刺激だわ〜と。

まさに、脳トレってこのことかも?って。

 

いくつになっても、紅をさす。オンナ心、真似していこっと♫

 

追記

今回のおでかけゆかっふぇは

静かな住宅街に佇むお蕎麦やさん『松むら』へ行ってきました。

前菜、手作り豆腐、チーズ茶碗蒸し、季節の野菜の天ぷら、〆にお蕎麦(温か冷)

ご希望でデザートもつけられます。

 

今回、デザートつけてくださいと言い忘れちゃったのがショック(泣)

お店の詳細は、所沢ナビに紹介されてます。お料理の写真もこちらに載ってます。

http://tokorozawanavi.com/sreport-miyachan20181016/

 

ごちそうさまでした(^ ^)と、声をかけると

お店の奥様に、バレーボールやってますよね?と、チーム名も言われて。

 

えっ??どちらのチームですか?と、バレーの話になり

世間は本当に狭いんだ!!と、驚きました。

 

これもまたご縁。おいしい食事、私のことを覚えてくれててありがとうございました。

 

キッチンゆかっふぇ、出張ゆかっふぇ等、お気軽にお問い合わせください TEL 080-5510-3139 電話相談受付時間 18:00 - 20:00 (月〜金)