歯医者の先生から

 

『歯磨きは15分しよう!』

と、言われ

『・・・・・そんなに??』

 

と答えると

『そう、そんなにと思うくらいの時間歯を磨くといいことあるよ!!』

 

どこで磨くか。

『お風呂につかりながら、磨く♨️』

 

これが、先生の薦める歯磨きタイム。

 

なぜ?お風呂??

 

お風呂につかることで、体の芯まで温まるでしょ?

体温が1℃上がると、副交感神経が優位になり始めてきて

体の緊張がほぐれるんだよ。

でも、なかなかお風呂に10分以上浸かるのも飽きちゃうって人が多いから

お風呂に浸かりながら、歯磨き&歯茎のマッサージもすれば15分は

 

あっというまだからね〜と。

 

お風呂上りにコップ1杯のお水というのも

温まった体の表面から放熱をして、ゆっくり体温を下げ始めて睡眠を促す作用があるためだそうです。

 

体を温めて、体温がプラス1℃あがるだけでキレイでいられて

 

なおかつ、お口の中がキレイになる。

いつまでも、自分の歯で食事ができることが健康の秘訣。

生活習慣病予防も、まずはお口の中のケア。

 

毎回15分じゃなくていい。1日1回15分の歯磨き。

あとは、食後に歯ブラシで汚れや食べ物のカスを落とす歯磨きでOK

 

ただし

1つだけ注意して欲しいのが

歯ブラシは、ペンシルを持つくらいの力で持つこと

と、治療前にお話ししてくれました。

 

治療が終えて先生が

 

『女性はいつまでもキレイでいてもらわないと

男性が力尽きちゃうからね〜』って言うのです。

 

そして・・・

 

虫歯を治すだけが歯医者の仕事じゃないと、おっしゃってました。

先生のおかげで、ニガテな歯医者さんも

だいぶニガテ意識が和らいできてます。

 

いつも治療前に、ひと笑いさせてくれる

 

イケメン・・・・・・

 

年配の先生です。帽子とマスクをとったら

どんな顔してるんだろう??

 

体温プラス1℃

免疫力も上がり、睡眠の質も変わりだすと代謝が良くなります。

なんとな〜くの不調、お風呂で温まるだけで変わってくることもあります。

 

わかってはいても・・

長湯がニガテな方だっていっらしゃいます。

椅子に座って、足湯をしながらの歯磨きでもOK

 

それでも足が温まらないときは、スプーン2杯の粗塩を入れて足湯にすると

温まります。

 

体温が上がると、睡眠の質が変わるのはなぜか??

わかりやすい記事をみつけました。

寝る前の入浴は、一時的に体温をあげるため、効果的に眠るためにとても有効です。
入浴のタイミングは、就寝の1時間前を目安にするのがよいでしょう。お湯の温度は38~40度のぬるめに設定し、湯船に10~20分ほどゆっくりつかりましょう
入浴は血めぐりをよくし、体温を上げるだけでなく、リラックス効果があるため、副交感神経を優位にして、体を休めてくれます。 入浴の際は体を温める効果のある入浴剤などを加えれば、よりよい眠りが得られます。

引用元:ウェルラボ https://www.well-lab.jp

 

お化粧を落とすか?歯磨きをするか?

2者択一で迷うほど、疲れを溜めないように( ^ ^ )/

キッチンゆかっふぇ、出張ゆかっふぇ等、お気軽にお問い合わせください TEL 080-5510-3139 電話相談受付時間 18:00 - 20:00 (月〜金)