あっと、いうまにGWが終わって。

4日に子供達が帰ってきて、久しぶりに

         全員集合!!

と、思っていたら娘はお友達とでかけてたので、全員集合にならず。

それでも、息子2人と末っ子と久しぶりに4人の家族団らんで。

  洗濯が👔 👔 👔 

 

めんど〜なんだよな〜(´・_・`)

と、一人暮らし2ヶ月の次男の一言に、

ピッ!て押すだけじゃん!  

うちは全自動じゃないから

ピッ!じゃ終わらないんだけど。

という末っ子。

長男が携帯でゲームをやりながら

『わかる!わかる!』

『洗濯するのはいいんだけど、

 

たたんでしまうのが、

面倒なんだよな・・

(家族団らんの欠かせないオセロも、携帯でできるんだ

そうなんです。洗濯して干すまではいいけど

たたんでしまうのが、面倒くさいと2人の意見。

わかる気がするけど。

オホホ、それをお母さんは何年やってきたと?と思いながら

男子2人、

それぞれの一人暮らしで感じてることを、聞いてるとおもしろい。

親子別々、それぞれの生活

 

遅かれ早かれ、子供は親元から巣立つわけで。

飛んでった子供がまず思うのは、

やっと自由になれた〜!!

と、一人を満喫していくわけです。

でも、羽を伸ばした子供は1ヶ月が過ぎる頃に

感じ始めることがあります。

ご飯も作らなきゃいけないし、掃除もしなきゃいけない。

お風呂も掃除してためなければ入れないし。

どれもこれも、面倒だな・・と感じてくるみたい。

洗い物しなきゃな・・と思ってるのに、

寝ちゃった日の翌朝は

はぁ・・夜やっとけば良かった。と思うそうで。

そこで、

お母さんは大変なんだな。

と思ってくれてるのかどうかはわかりません。

いえ、ちょっとくらいは思って欲しい!

でも、お母さんは、俺たちに手伝わせてたじゃん!と言われるな。

でも、一人暮らしになればイヤでもやらないと部屋は散らかるし、着るものはなくなるし、

毎日外食やお弁当というわけにもいかなくなり

ご飯を炊いて、作れそうなものを作り出していくようになって。

と、まだまだ成長していく子供たち。

男子厨房に入らず!では、生きていけないものね!!

まあ、がんばって!

君たちに小さい頃から手伝わせてたのが

いまになって良かったことだと、

私のお手伝い作戦、成功!!と心のなかで

  太鼓判を押したのでした!(笑)

社会人1年目って、GWが終わるころに疲れもどかーっと出るころ。

今年の4月から5月にかけては、真夏日の気温にもなったほど気温が高い日が続いていたので、

この気温差は体にストレスになっている中で、精神的にも緊張の毎日。

寝れる時はしっかり寝なさい!

と、伝えておきました。

帰り際、

気をつけてね〜いってらっしゃい。

が、

気をつけてね〜またね〜バイバイ!

に、変わり息子たちを送りだし1日だけ家族揃ったGWは、終わりました。

母、卒業の日に向かって、

またがんばろっと

(母卒業、私は末っ子の巣立ちの日。   あと6年〜10年後)

追記

子供が自活始めるのは、嬉しくもあり寂しくもありと感じるもの。

更年期は、自律神経の乱れも出やすい時期と言われてます。

この時期に、お子様の自立が重なることで稀に言われるのが

『空の巣症候群』

詳しいことはこちらのブログの記事で載せております。

更年期の身体と心のご相談、お気軽にお問い合わせください TEL 080-5510-3139 電話相談受付時間 18:00 - 20:00 (月〜金)