2人に1人が、ガンを患うという時代。

先日、SNSの投稿をみてると、

もしかしたら私と同じかも?という記事が目に入りました。

でも、違うかもしれないしな・・・

その方の投稿は、不安との戦いの日々が書かれてました。

どうも気になってて。

つい先日の投稿で、

『円錐切除術』を受けてきたこと、そして、退院までのことが書かれてました。

やっぱり、同じだったのね。

大変だったね。わかるな〜その気持ち!でも、元気そうで良かったと読んでました。

ところが、退院数日後の投稿が目に入った時、

大丈夫?無理しすぎないで欲しいな。

と、感じました。

身近な人が言ってあげて欲しい

私の声だけでは、多くの人に伝えられるのも限られてるかもしれない。

でも、私の記事を読んで頂いた人から、人へと伝わって欲しいことがあります。

術後1ヶ月は、体をいたわって!!

円錐切除術は、確かに簡単な手術と言われてます。

ですが、

体にある一部を切ります。

それも、下半身麻酔をかけて。

手術は簡単かもしれません。でも、麻酔をするということは

体には大きな負担もストレスもかかっています。

1泊2日の入院、もしくは日帰りでもできてしまう手術。

だからかもしれないのですが、

『なにも変わっていない!』

と、感じるのです。

私もそうでした。痛みはあるものの耐えきれない痛みではなかったので

動けるのです。

薬を飲むわけでもない、目に見える所に傷があるわけでもない。

でも、両親にも、子供達にも、そして友人にも。

『しばらくは無理をするな!』

と、何度も何度も釘をさされました。

ガンのことをすぐに伝えた友達に、

『退院したよ〜』とメールを送ると

『1ヶ月経ったら、快気祝いしよう

それまでは、おとなしくしてなさい(笑)と返事がきました。

バレーの仲間も同じでした。

きっと、周りの人に止めてもらわなければ

すぐに仕事にも復帰したかもしれません。

有難いことに、1週間お休みに頂けて。

でも、このお休みをくださいと言うのも

正直言うと、黙っていたかったし、違う病名を告げたいという気持ちもありました。

それでも、上司には手術のことを話すと、

しっかり休みなさい!と。

もちろん、外食したり、お酒を飲んだかもしれません。

体育館に行って、バレーもしたかもしれません。

それは、

『ガン』ということを

どこかで逃げたいと思う自分がいたから。

すぐに今まで通り、なにもかわらないよ!

と、自分に言い聞かせたくなるのです。

周りの人にもその姿をみせたくなるのです。

手術から8ヶ月

今だから私が言える。伝えたい。

術後1ヶ月は、手術をうけた体をしっかり休ませてあげて欲しい。

麻酔に耐えた体をいたわってあげて欲しい。

いま、自分をしっかり愛して欲しい。

体は休むことなく、元に戻ろう!元気になろう!!って働いてるから。

それだけでも大変なのに、

すぐ元の生活スタイルに戻したら、元に戻るのは遅くなってしまう。

再発のリスクは2〜8%と言われてるけれど、

再発を抑えるために、体をいたわる時だと思うのです。

1ヶ月だけでいい。いえ床上げ3週間というように、せめてこの時までは

思いっきり自分をいたわって欲しい。

だいじょうぶ。友達も家族も、その時を待っててくれてるもの♫

キッチンゆかっふぇ、出張ゆかっふぇ等、お気軽にお問い合わせください TEL 080-5510-3139 電話相談受付時間 18:00 - 20:00 (月〜金)