イタッ!!と目が覚めてしまうほど

睡眠中に足がつる

痛いし、寝不足にもなって本当にツライもの。

 

更年期になって、この症状で悩んでる女性が以外と多いのです。

そこで、

スポーツトレーナーの方に、足がつったときの対処方法を聞いてみました。

 

足がつったら

まず揉む前に、摩る。

よく膝をぶつけたりしたときに、

イテテ・・・と摩って痛みを和らげるのと同じように摩る。

つったときに、慌てて伸ばしたり強く揉むのは、筋断裂を起こしてしまうこともあるそうです。

セルフケアでの予防法

 

1日の終わりに、アキレス腱の上から膝に向かって手を滑らせるように

マッサージをする。

ボディクリームをつけてもOK。

冷えにより、血液の循環が悪くなっているため、疲労物質が排出できないのも

原因のひとつにあるそうです。

この暑さで、エアコンをつけずに寝るのはできないもの。

でも、エアコンによる睡眠中の冷えも吊りやすくなってしまうので

できるだけ、ふくらはぎまで隠れるパジャマを着て、足の冷えを防ぐのもいいそうです。

 

暑さで、お風呂もシャワーで済ませたくなるけれど

できるだけお風呂につかって、足の疲れを取るのも大事。

わかってはいても、暑くてお風呂につかれないというときは

バケツや洗面器にお湯をはって、足湯を試してみてくださいね。

 

それでも、足が頻繁につるときには、病院で受診をしてほしいとおっしゃってました。

更年期になってこの症状が起きてきたら、婦人科ドクターの受診を!