今年はカラ梅雨なの?なんて思っていたら

ニュースで関東地方、梅雨入りしました。と流れて
あら?まだ梅雨入りしてなかったんだε-(´∀`; )と、思ってしまうのは
ここのところの暑さのせいかな?

さて、タイトルの永遠の別れ。

父が旅立って、5ヶ月が過ぎようとしてます。早いな〜。

孫の夢には出てくるのに私の夢にでてこない!!
どこに行ってるだろう?思っていたところに
この本読んでみて欲しくってと、友人から1冊の本が届きました。

あ〜この人!!気になると思った本

父の意識がなくなって、病院に通う毎日。
ふと、ネットを開いたときに飛び込んできたのが玉置さんのお話でした

この方の本を読もうかな?と思ってはいたものの読んでなくてね。

他にも、死を迎える準備という内容のものも読んだりしてました。
なので、いま改めて私の手元にきたのも
なにかの縁なんだ!と読み始めると止まらなく
胸にジ〜ンと響くのです

重なることがあるからなのかもしれません。

誰しもが、いつしかは来るとわかってはいるものの
いざ、その時がくると心は乱れます。

ぜひ、読んでもらいたいなと思った1冊です。

父が繋いだのかしら?

この本を読んだ翌日、不思議なことが起こりました。

しばらく連絡をとってない友人の
SNS投稿が目に入り、あれ?誤字が・・と
いつもなら、スルーしてしまうのに
なぜか気になって、げんき?誤字が気になっちゃってさ。

と、お節介ながらも
メッセージを送ってみたら

『あぢゃーσ^_^; ありがとう!!なおしたよ〜』
と、ここから

久しぶりにメッセージの会話やりとり。

彼女のお母さんが、入院していることは彼女のSNS投稿で知っていたので

『お母さんどう?面会できてる?(コロナ制限でなかなか会えないんじゃないかと  気になってたよ。』

『なんかね・・もうそんなにはっていう感じになってきちゃった。』

『私、1月に父を見送って。

だから、会えるときに会っておいで!!』

『えっ?知らなかったよ・・・ごめん』

『いや、言ってないし。』

『投稿した?』

『うん、ブログにね。よかったら読んで〜』

『読んだよ・・・こんなことがあったんだ。まだ若いのに・・』


『うん、切ない。悲しいし、寂しくもある。
だからさ、生きてるうちにお母さんの手握っておいで。』

『それとね、よかったらこの本読んでみて』

とメッセージ終了。

しばらくして、
アマゾンで買ったよ!

また話をしに寄らせてね!

いつでも来て!食べたいもの作って待ってる!と伝えました。

お母さんとの時間、少しでも傍にいれる時間がありますように。

一人の人が、何者でもない自分の素の心に向き合う。

ちょっと心に寄り添うよ。

つらいよね、切ないね。つかれるよね〜

でも、なんか軽くなった!と感じてもらいたくって。

ゆかっふぇは、そんな場所でもあります。

アフターコロナ、少しずつですが『ゆかっふぇ』再開してます。